2011年08月19日

暑さと戦いながらも活動中!

本当に暑いですね。今日は、雨が降って少し暑さも一休みとのことですが。。。
この暑さの中なので、取組んでいる駅前花壇にも水遣りに励んでいます。
諸事情があって、ホースでの水遣りが難しく、バケツとジョーロを使って蛇口と花壇を20、30回
往復する作業。暑い時間帯を避けても、汗だくになります。
でも、水をあげたあとの花はにっこり笑っているかのように、生き生きしてるんですよ。
こちらも嬉しくなります!

そして、この時期も飼い主のいない猫たちの不妊・去勢手術のお手伝いも、数件発生。
そのうち、2件は、群れている中にいる、手術していない残り1匹を捕まえることになったケース。

1件目は去年の夏、まとめて手術した猫たちのいる商業地区の中のある一画。
子供を連れた、見慣れない母猫が最近出現する、ということで、その一匹を狙った捕獲。
いつもエサをあげている時間帯に合わせ、夕方6時すぎ開始しましたが、すでに手術をした猫ばかりが
つかまりそうになってしまい、他の猫を誘導しながらの、ガマン比べとなりました。
結局、つかまったのは、夜11時近くでした。

もう1件は、住宅街の中の小さな公園。6匹程度の猫たちの生息場所ですが、一番用心深い、
猫だけ手術できずに、残っていました。
7月末から、数回試みても、失敗。先日は、今日こそ、という意気込みと共に、午後5時から開始して、ようやく10時頃に成功。
熱帯夜の暑さと、虫さされのかゆみとの戦いでもありました。

これらは、群れの中の残り1匹の捕獲が、逆にいかに大変かということが身にしみる例となりました。
捕まえること自体は、猫がかわいそうにも思えてきて、気の重い作業ですが、
大きい意味では、彼らたちのためでもある。
手術後の、平和な暮らしを祈るばかりです。

最後にひとこと!ノラ猫さんにエサをあげたあとは、絶対に食べ終わったあと片付けてくださいね。特に、暑い時期は危険。猫にも人にもやさしい気配りが必要ですよぉ。
posted by 猫と花地域環境ネットワーク at 10:29| 日記