2011年09月19日

動物愛護週間

まだまだ、暑さは続いてはいますが、朝晩の涼しさ、秋の虫の音、太陽や風の様子は、季節が巡って秋が確実に近づいていることを知らせてくれます。

そんな今月の20日から26日は、動物愛護週間です。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/week.html
管轄の環境省の上記のサイトでは、
「動物愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、
9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。」とのこと。
また、その動物愛護管理法については、下記のように記されています。
「動物は、私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる、人間にとってかけがえのない存在です。
人と動物が共生したよりよい社会をめざして、「動物の愛護及び管理に関する法律」が定められています。」

震災でよく使われていた言葉を、またここでも繰り返したくなります。
「今、わたしたちにできること」
動物愛護週間を良いきっかけとして捉え、
法律で定められていることも、もちろん大切ですが、一人ひとりの心構えとして、「人と動物が共生したよりよい
社会をめざ」すために、少しでも、小さくても、ひとつひとつ実現できるように願います。

このところも、不妊・去勢手術の依頼が休みなくやってきます。
それぞれの皆さんが、小さな命にきちっと向き合った上でのご相談が多く、お手伝いにも気合が入ります!ひとつ、ひとつ、できることから。。
posted by 猫と花地域環境ネットワーク at 15:53| 日記